Nゲージを爆裂高く売る方法とコツ

高く買ってもらう為にやってはいけない事とは・・・

高く買い取ってもらいたいのは誰もが思うことです。
ですが、ありがちな間違いが結構あります。
改造したから高く買ってくれる?
かっこよくウェザリングしたから高額になる?
みんなほしがると思うけどどうなの?
では、詳しく説明いたします。

 

改造したり、カプラーを変えること。

例えば、ウェザリングやアーノルドカプラーからTNカプラーに変換など。
ウェザリングはプロでも無い限り、基本は駄作なるだけです。
へたくそなのを世に出すなといいたいですが、お店の買い取りでは非常に買い取り価格は落ちます。
カプラーもアーノルドからTNカプラーや密接連結器などに変更してあると、
査定が落ちます。

 

これは、自分が買うときの事を考えてください。
シールは使っている、ウェザリングされていて、中途半端に汚れていて、
カプラーも変更してあるけど、調子悪くカーブでリリースしてしまう。

 

こういった商品と、

 

購入時の状態が保たれていて、シールや付属品も手付かず。
購入時の状態が維持されている商品

 

どちらがほしいですか?

 

同じ値段なら確実に後者と思います。
たとえ、5000円高くても後者のほうが売れるんです。
だから、買い取り業者はノーマル状態のほうが好むわけです。

 

改造したから高いだろう・・・や
ちょっといじったし、お金かかってるから高くなるだろう・・・

 

これは間違いな考え方です。
なので、売る可能性があるなら、箱からビニールシートや説明書など
すべての保存状態を購入時に保つことが必須です。
 

動力テストを必ずやる

 

先ほども書いたのですが、動力テストはなぜやるのか?
新品で買ったけど一度も動かさないで売ろうとしている人がいますが、
新品だったからと言って動く保証はないのと、
お店にもって行って動かなかったら査定がかなり落ちます。
不動車扱いされてしまうと悲しいです。

 

なので、必ず動作確認。
動きが悪いならクリーナーで車輪とレールを掃除してみてください。
それだけでも良くなるケースは結構あります。

ここすごく重要ですよ。

 

高く売りたいんですよね?
これを見ている方は高く売るためにはどうしたらって思ってたどりついたと思います。
なので、がんばってください。

 

アクリルケースやケースカバー、インレタ、パーツ類を捨ててはいけない

ケースはだんだん邪魔になってくるけど、これ重要です。
インレタも時間がたつと色が変色してきますが、それでもあると無いとでは違います。
手放すときは、正規のケースやパーツ類は必ずチェックされます。
ケースにヒビが入ったり、割れてしまったりしたっ場合はアクリルケースだけなら取替えが可能。
ここまでやる意味はそこまでないが、そういったことも可能である。
ケースも商品の一部なわけ。
カプラーや付属品も無くさないためにしっかり保管しておこう。

 

「希少価値」は普通、評価されない?

鉄道模型は少ない生産台数で人気が出るとプレミア価格になったりしますね。
ですが、それが必ず高く買ってくれるかは別。
自分にとっては希少価値があっても、お店的には、マニアックすぎると売れないこともあるので、
お店はリスクになるので、高値にはならない。
最新型の新幹線や在来線など人気車両のほうがよっぽど売れるので、
どんなにすごいんですって言おうが、あまりかわらない。
気持ちはわかるけど・・・って言われて終わるのが関の山。
どうしても高く売りたいなら、ヤフオクへ出品することをお勧めします。

 

同じ意識の人が一人か二人でもいれば競いあってくれれば高く売れる場合もあります。
やってみれば売れるかわかりますよ。
自分の売りたい価格を即決価格にしてみれば、おのずと売れるか売れないかがはっきりします。
ウォッチリストに登録される数でもある程度人気なのかが判断されますね。

 

なので、自分で体感してみるといいかも知れません。
面倒なら売るか、手元においておくか。
模型好きな仲間を作って買いたい人がいれば売ればいいし。

 

もちろんすべてが安いわけではないです。
なかには、高額で買い取ってくれるものもあります。
過度なきたいはあまり意味がありません。

 

まとめ

いかがでしょうか?
少しでも高額で売れたらいいですね。
わかりずらいところはメッセージくださいね。
ちなみに、管理人は小田急が好きなので、小田急線の査定額に不満ならメッセージください。
私が買うかも知れません。メールフォーム

 

それはさておき、少しでも高く売るためにがんばってくださいね。、
応援しています。